忍者ブログ
極端な面倒くさがりが気が向いたときにのんびり更新。
[1]  [2]  [3
フリーエリア

DragonForce/Through The Fire And Flames


Edguy/Kinf Of Fools


Hoobastank/Inside Of You
プロフィール
HN:
ゆま
HP:
性別:
女性
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

the_answer.jpg

THE ANSWERのライヴに行ってきました!
始まる前からツェッペリンとかのクラシックナンバーがかかっていて、今からTHE ANSWERが始まるぞ~!!って雰囲気がムンムンで始まる前からテンションが上がりました

メンバーみんなまだ若いのになんて曲はおっさんくさいんだろう(笑)
それがすっごくカッコいいんですが!
過度なパフォーマンスはなく、曲で勝負!!なライヴがそこいらの若手バンドとは一線を画している。
それでオーディエンスのノリとテンションを引き上げていくんだから、もっとキャリアを積んでいったら凄いバンドになるんだろうな。

個人的にTHE DATSUNSとカップリングでライヴやったら無茶苦茶楽しいに違いない!と思います。
歌なしで、ぶっつけ本番でも聴きごたえのあるインストとかしてくれそうです。
想像するだけで楽しい!!

THE ANSWERをみて、THE DATSUNS来日しないかな~とか考えたライヴ帰りでした(笑)

PR

HOOBASTANKのライヴに行ってきました!
CMでお馴染みのJUST ONEで始まったライヴは瞬時に会場中がジャンプ、ジャンプで盛り上がり大合唱のHOOBASTANKの世界へ持っていかれました!
オープニングは新譜から始まるのかな?と思っていたんですが、オーディエンスの耳にしっかりと馴染んでいるナンバーで会場の熱を煽りつつ、折々に新曲をはさみ込んで展開されるライヴに会場の中はずーっと盛り上がりっぱなしでした。
オーディエンスのノリがすっごく良かった!!

ガールズパート、ボーイズパートに別れて掛け合いのように合唱をしたりして楽しかったです。
こういう掛け合いが出来るのってHOOBASTANKならではですね。
年代、性別とわずに幅広い層にファンのいるHOOBASTANKだからこそ成り立つ掛け合いだな~って思います。
だってEDGUYとかだったらガールズパートはなかなか場内が盛り上がるまで声がでないですもんね。
ボーイズパートは大いに盛り上がるんでしょうけども(笑)
いつものライヴとは違うこういった盛り上がりもテンションが上がります。

新譜からは是非ともやって頂きたかったALL ABOUT YOUが聴けたし、溜めてジャンプ、溜めてジャンプなノリが最高のOUT OF CONTROLもやってくれたし大満足でした!
終わりにコソっとまたすぐ来るよ~な事を言ってましたが、年内3回来日実現するんですかね?
とりあえずサマソニは決定ですね。
盛り上がるんだろうな~!

にしても、本当にHOOBASTANKのライヴは心が温かくなります。
なんて気持ちの温かい良い人たちなんだろう。
ジェントルな雰囲気がダグとゲイリーって似てる気がする。
二人の言う「ありがとう」はとても感情がこもって感じられて、心にじわん!と入ってきて、寒さも吹っ飛ばしてくれます!
年内に・・・もう一度見れたら良いな~~。

dragonforce.jpg

DragonForceのライヴに行ってきました!
もう、思わぬサプライズにドキドキです!!
ライヴ終わりから顔がにやけっぱなしで止まらない。

今回DragonForceは初ライヴで自分なりにこんなかな~とかイメージしていたのですが、思いっきり予想外れでした。
とびきりイカした感じで予想が外れてた!
もっと重厚感のあるパフォーマンスを展開するのかと思いきや、あんなにハッチャケていたとは!
音的にはシンフォニックだったりテク炸裂で重厚なんだけど、メンバーそれぞれの動きは重厚なんてものじゃなくとっても軽快!
特にキーボードの動きの軽やかさったら衝撃でした(笑)
あんなに動き走り回るキーボードって初めて見た!
メンバーみんなアスリートですよ、アスリート!!
過分にお笑い芸人要素のあるね。
ホワイト○マン、フォーリン○ですか?!って動きはするし、ボーカルの歌に合わせてステージに散らばったメンバー+袖にいるクルーがパントマイム的動きをしてるし、もうどこ見てたらいいのか、忙しくってしょうがなかった。

音だけでも充分すぎるくらいに圧倒されるパワーがあって、一気にフルボルテージに持ってかれたのに、このバンドはオールフロントですか?!なメンバー各々のパフォーマンスに打ちのめされました。
みんなすっごく楽しそうだったし、あんなにバタバタ動いているのに息がピッタリで圧巻です!
ホントに凄い! 素晴らしいです!!

そして、ドキドキだったのが、友人と通路側のバーに引っ付いて見ていたのですが、その前方でライターの人か、それともメンバーの彼女かな?可愛い女の人がずっと写真を撮っていて、不意に彼女の近くの扉が開いてZPが入ってきたではないですか?!!
カメラに向かってドアップで写真撮ったりしてたんですが、その後クルリと向きを変えて後ろまで来てくれたんですよ~~~!!!
思わず手を出したら、パシーン!!とタッチしてくれました!!
まさに目のまん前に立ってるよ!!なZPに頭真っ白になりました(嬉!!)

終わって外に出てみたら極寒な冷気に強風でしたが、気持ちはとってもホカホカでした!
次回来日が待ち遠しいです!!

Edguyのライヴに行ってきました!
今年初のライヴは3月と遅めでかなり待ち遠しかったのですが、待った甲斐がありました!
いや~~、やっぱりサメットさんは良いですね。
しかもクアトロという小さなスペースで見れたのが良かった!
ボーカリスト云々というより、パフォーマーとしてサメットさんは素晴らしい。
エンターテイナーですね。
Superheroes、Lavatory Love Machineでは思い切りオーディエンスを煽って大合唱で盛り上がり、King Of Foolsでビシッと締めてくれました。
楽しすぎる!!

リズムは身体に響く音が気持ちいいし、決めどころでガッツリと決めてくれるのでずっと叫んでたら疲れました(笑)
リズム隊って要ですね。
ジャーマンなカテゴリにおいては特に。
イントロからカッコ良いから、テンションは常に上がりっぱなし!

オープニングアクトが付いていたから時間がどうしても短めになってしまうのが残念でしたが、トビアスさんプランでは新譜出してまた来日してくれるようなので、楽しみに待っています。
もし寄り道するならAvantasiaにして下さい(笑)

extreme.08.12.08.jpg

extreme.08.12.08.2.jpg
 

12月8日に大阪厚生年金会館で行われたEXTREMEのライヴに行ってきました!
あちこちのブログで沢山の方が書かれてますが、もう最高!!この一言につきます。
素晴らしく楽しいライヴは今年もいろいろとありましたが、今回のEXTREMEのライヴは心底から感動しました。
本当に凄かった。 超人パフォーマンスバンドですね!
いつも以上に上手く言葉が出てきません。
ただ、感動をありがとう!! それが一番の感想です。

ゲイリー、ヌーノのパフォーマンスは言わずもがな、ずっと現役でやってきているだけあって、圧巻ものでございましたが、音楽活動から遠ざかり牧場主をやっていたらしいパットのパフォーマンスは、そうとは思えない全く違和感のない、そしてバンドとしてのブレのない、想像以上のものでした。
前回来日時も最高だ!と感じていたのですが、やはりフロント3人にオリジナルが揃うとバンドとしてのクオリティがグンと上がる気がします。
それも、ケヴィンっていうフロントをしっかりと支えるドラマーがいるからこそですが。
某雑誌で読んだ前回のライヴは乗り気じゃなかったっていうヌーノの本音に、かなりガックリときたりしてたのですが、今回のライヴを見てなんか解った気がしないでもない。
バンドの雰囲気が本当に良かったし、ヌーノの機嫌も良かったようだし、選曲も抜群だったし、本当に素晴らしかったですから!
ただ、どうしようもなく音が悪かったってのがちょっと残念だったけども。
いきなりベース音だけが大きくなった時はちとビビリました。

冒頭から3曲目まではカメラで撮ってOKって事だったので、携帯で撮りまくりましたが、ムーヴィは音がガビガビでした。
それも一つの思い出として残せて、嬉しいプレゼントをありがとう!なのです。
ヌーノに呼ばれてステージに上がってお酒渡した人は一生忘れられない思い出になっただろうな。 
そういった感じのお遊びもいろいろあって、それもこれもが楽しかった。
パットとヌーノの邪魔の仕合も可愛かったし。
それにしても、ゲイリーの声量とヌーノの超絶テクは桁違いにすんごいですね。
年季が入ってますますパワフル!
ライヴが終わった後明るくなったステージで、頭に両手を当てながら感慨深げに会場の観客を見渡すゲイリーの姿がとても印象的でした。
本当に素晴らしい感動をありがとう! EXTREME!!

airbourne.jpgbuckcherry.jpg

motley.jpg
 


MOTLEY CRUE with BUCKCHERRY,AIRBOURNEのライヴに行ってきました!!
会場入りした途端、テンションがガツーン!!と上がってしまいましたよ!
だって、AIRBOURNEが出るなんて思ってなかったんだもんよ!
バックチェリーの単独が決まって、それにエアボーンがくっついて回ると知った時は、クリマンさん何て事してくれたんだ!って思ったもんですが(大阪はモトリーとバックチェリーがあったから、飛ばされちゃいましたからね)前言撤回。
ありがとう! クリマンさん!! 素敵です!!
友人がステージ奥にエアボーンの幕を発見した時、思わずガッツポーズでございました(笑)
実際問題、会場内はほぼモトリーファンで埋め尽くされていたので(当然)もひとつ盛り上がり的にはピリッとしませんでしたが、それでもあの有無を言わせぬタテノリ、スピード感溢れる音はライヴで大いに威力を発揮し、最後のRunnin' Wildでは確実にファンを増やしたと思われる盛り上がりでした。

そして、バックチェリー。
私的メインだったバックチェリー!やっぱりカッコ良かったです。 
ジョシュの名前があちこちで叫ばれておりましたが、本当にあの人は格好良すぎる!
女性ファンが叫ぶんじゃなくて、骨太なお兄ちゃん達が叫んでるあたり、男性としてどれ程にイカしているかが解る気がします。
曲的には本国でバカ売れしたらしい前作をメインにプレイしてました。
それ以前のアルバムからは、声的にちょっと辛そうでしたね。
Crazy Bitchをオーディエンスに歌わせようとして失敗していましたが、日本ではNext 2 You,Everythingあたりの方が大合唱が起こると思われます。
実際ファンのみんなは歌ってたし。 単独公演はどうだったんでしょう?
あくまでもこの日のメインはモトリーだったからなー。
それでもバックチェリーファンの人達が沢山いて、ものすっごく楽しめました。
でも次はちゃんとメインで見たいです! Talk To Me聴きたかったな!

大トリはモトリー。 半端なく凄かった。
まーさーにー、ヒット曲のオンパレード!!
Kickstart My Heartで始まり、Home Sweet Homeで終わったわけですが、もう到底じっとなんてしてられないですね。
これで盛り上がらないでどうするっていう・・(笑)
ヴィンスの声がちっとも変わってなくって驚きでしたが、ミックの音がイカしてましたよ!
特に意識して聴いていたつもりはないのに、ギターのフレーズが見事に身体に沁み込んでいて、いかに特徴のある音を刻んでいたのかっていうのを実感しました。
個人的にはドラムが回転してた時より、今回のが楽しかったな!
ニッキーは相変わらず良い男で存在感アリアリだし、トミーもホントに相変わらずだった。
一番大人になってないな、あの人は!
「でんがな、まんがな」的大阪弁を喋ろうとして失敗したようで、笑いを取り損なってました(笑)
早口であのダミ声だと何言ってんだか解りませんよ!
ダイナミックさも相変わらずでしたが。
オリジナルのパワーってもんを感じました。
時間が短かったのと、その為にアレもコレも聴けてない!とうお腹いっぱい感は得られませんでしたが、文句なく素晴らしいライヴでした。
エアボーンのサプライズもあり、本当に楽しかったっす!

A7X.jpg
 


AVENGED SEVENFOLDのライヴに行ってきました!
やっぱりライヴで映えるバンドですね!
カッコ良い!!
あの独特のリズム展開が、身体動かしていて気持ちが良いったらもう!!

前回来日時、あまりにライヴの時間が短くって、それをあちこちで指摘されたようですが、某雑誌のインタビューで、次に来る時には日本用に少し時間を長くするよ!とか言っておりましたが、確かに気持~ち長くなってました。
10分くらい(笑)
多分その10分がクオリティを下げずに全力でやり切るギリギリの長さなんでしょうね。
ギター二人にベース一人は長くなっても平気そうだけど(インタビューでもそう言ってたし)、ボーカルとドラムは大変なんだろうな。
マットはそもそも完璧主義のようなので、声の出が悪くなったステージをオーディエンスに聴かせるなんてことしたくないだろうし、ドラムはあの激しいドラミングでキーの高いコーラス全部歌ってるんだから、さぞかし体力がいるんだろうし(大忙しだよ!)
まあ、大変なんだろうとは思っても、もう一曲くらいアンコール出てきてやってくれたらなーとか思っちゃうんですけどね。
やあ、だって凄い楽しいんですもん!!

今回はほぼ聴きたかった曲をやってくれたし大満足だったのですが、アルバムが増えるごとにいろいろ物足りなさも出て来るんだろうなー(時間的に)

そしてそして、ジョニーですよ(笑)
なぜアンコールでジョニーコールが起こるのか!
ジョニー大人気(笑)
一回のライヴでどれくらいアルコールを消費するんですかね、あの人は。
美味しそうにたらふく飲んでましたよ!
DVDで聴けた歌声も披露してくれたし!
他のメンバーに比べて、上手い!!とは言えませんでしたけど・・(笑)
私はレヴのコーラスの声が大好きで、沢山聴けたので、すんごく嬉しかったです!
好きだーー!!! レヴの歌声!! 
特にCRITICAL ACCLAIMでのコーラスが最高に好きです!!!
PANTERAWALKはさすがにDVDと同じようにオーディエンスを一人引っ張り上げて歌わせたりはしませんでしたが、ローディー(?)のおいちゃんが登場して歌ってました。 今回もカッコ良かったです!
前回紹介された「ムキムキマン!」のモヒカン兄ちゃんは見掛けませんでしたけど(残念)
マット・・・ジョニーはムキムキマン!じゃないよ!
A7Xの中じゃ、一番標準的だと思うよ! マットのがよっぽどムキムキだよ!
っていうか、何でムキムキマン!で押してるんだろう(笑)
楽しいですけどね!
出来れば次回来日時には10分とは言わないので、今回+5分くらい時間延長お願いします!!
SHINEDOWNとカップリングとかで着てくれるとすっげく嬉しいです!!(希望!)

 

Y&Tのライヴに行ってきました!
正直、兄のCDを聴いて何か好きだーー!!というノリで行ったので、知っている曲数は少なかったのですが、とんでもなく楽しめました。
楽しめたというよりも、なんか圧倒されて、感動した!
メンバーは50半ばのおじさん達なのですが、ちっともそんな気がしない。
あの歳でアレだけの声量とアレだけのパフォーマンスを披露して下さるとは、驚きです。

エアロのタイラーさんもすげーー!! 
化けもん並みのステージングに声量だ!!
と思ってましたが、もう1人凄い人がいた。
メニケッティさん恐るべし。 半端なく歌もギターも上手い!!
ギターが泣くという現象をひしひしと痛感いたしました。
インギーとかも凄いな~とは思うけれど、比較対照としては区画違いですもんね。

ヴォーカリストであり、フロントマンであり、リードギタリストでもあるアーティストとしては、今まで見た事のない度肝を抜く素晴らしさでした。
そして、それを見るお客さんも凄かった!
エクストリーム以来の熱気!! 
すぐ傍のお姉さんが突然倒れて運ばれていったのにはビックリです。
あれだけ酸素濃度が薄いと仕方がないかなと思いますが。

アンコールが終わっても何だか帰る気にならず、居残り続ける皆さんと一緒にずっとずっとずっと待っておりましたらば、出てきてくれました! 
メンバーの皆さんが!! 
ほとんどMCを入れる事もなく、約2時間半演奏をし続けたメンバーの体力に脱帽です。
お客ははしゃいでるだけで良いけど、バンドはそうはいかないからね~。
本当に本当に素晴らしいライヴを体験させて頂きました! 楽しかった~!

avantasia_live2.jpg
 


先週末、AVANTASIAを見に、東京まで遠征行ってきました!!!
わざわざ無い金出して東京まで行ったかいがありましたよ。
ホント素晴らしい! そして、可愛い(笑)
総勢9名によるライブは迫力満点!!ド迫力!!!
サシャのギター弾いてる姿を生で見れるなんて感激だ!!
やっぱり上手いんですよ! あの人は!
なんか自分のバンドでアルバムだすよりも、プロデューサー業でのが成功してる辺り、ブッチと同じ匂いがしますが・・(笑)
ボーカルのお姉ちゃん達の頭を後ろからクシャクシャしてたのが特に可愛かったなー!!

スケアクロウの格好して現れたサメットさんもカッコ良かったし、その格好で「THE TOY MASTER」やってくれたのも嬉しかった!
あの格好が一番似合うのはやっぱりあの曲なんだろうけど、クーパーがリードボーカルの曲だからやらないかと思ってたからね。
好きな曲だけに嬉しかった!!
ステージにいるメンバーもテンション高くって、仲良さそうで、是非とも次のアルバムでも来日を!!と、願ってしまいましたよ♪♪♪

そういえば、会場入り前にお手洗いに行ったら、ちょうど同じタイミングで駆け込んできた姉さんに、横を通り過ぎしな、「同じにおいがする」とか言われました。
やっぱ同類って分かるんですね(笑)
逆に私もそう思ったからな!

ライブ会場は大きくはないんだけど、とても空間の広く感じる場所で、音も良いだろうと思ったら案の定良かった!!
みんな満足のライブでした!!

saxon.jpg
 


先日風邪引き真っ只中にSAXONのライヴに行って来ました。
喉は痛いし、咳は出るしで、どうなる事かと思いましたが、無理して行って良かったっす!! もう、めさめさカッコ良いんですけど~!!

ぶっちゃけ予備知識もほとんどなく参戦してきたのですが、マジもんのカッコ良さを備えたバンドは、そんなの関係ないですね!
あんなに頭がブチきれるくらいにド迫力のすんごいライヴだとは・・・!!!
今年今まで行った中で一番素晴らしかったですよ!!
風邪引いてしんどいはずなのに、体が勝手に動いちゃって、思いっきしはっちゃけてました(笑)
もう全てが素晴らしい。 
サウンドは重厚なのに、テンションはズガン!!と突き抜けさせられるという。
こういう音って、ある程度のキャリアがないと出せないんだろうか?
重厚な音のバンドは多々有れど、ある種の空気感をしっかりと纏っているバンドは意外と少ないように思います。
それはそれで好きなんですけどね。
オーディエンスのノリもベストでしたよ! やっぱどっちもベストが最高ですね!
全公演制覇した人も多かったみたいだし。 熱の入れ方が半端ないな!!
Heavy Metal Thunder!!!!! ですよっ!!!!!
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード
Copyright © のんびり。 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]