忍者ブログ
極端な面倒くさがりが気が向いたときにのんびり更新。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
フリーエリア

DragonForce/Through The Fire And Flames


Edguy/Kinf Of Fools


Hoobastank/Inside Of You
プロフィール
HN:
ゆま
HP:
性別:
女性
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

the_answer.jpg

THE ANSWERのライヴに行ってきました!
始まる前からツェッペリンとかのクラシックナンバーがかかっていて、今からTHE ANSWERが始まるぞ~!!って雰囲気がムンムンで始まる前からテンションが上がりました

メンバーみんなまだ若いのになんて曲はおっさんくさいんだろう(笑)
それがすっごくカッコいいんですが!
過度なパフォーマンスはなく、曲で勝負!!なライヴがそこいらの若手バンドとは一線を画している。
それでオーディエンスのノリとテンションを引き上げていくんだから、もっとキャリアを積んでいったら凄いバンドになるんだろうな。

個人的にTHE DATSUNSとカップリングでライヴやったら無茶苦茶楽しいに違いない!と思います。
歌なしで、ぶっつけ本番でも聴きごたえのあるインストとかしてくれそうです。
想像するだけで楽しい!!

THE ANSWERをみて、THE DATSUNS来日しないかな~とか考えたライヴ帰りでした(笑)

PR

HOOBASTANKのライヴに行ってきました!
CMでお馴染みのJUST ONEで始まったライヴは瞬時に会場中がジャンプ、ジャンプで盛り上がり大合唱のHOOBASTANKの世界へ持っていかれました!
オープニングは新譜から始まるのかな?と思っていたんですが、オーディエンスの耳にしっかりと馴染んでいるナンバーで会場の熱を煽りつつ、折々に新曲をはさみ込んで展開されるライヴに会場の中はずーっと盛り上がりっぱなしでした。
オーディエンスのノリがすっごく良かった!!

ガールズパート、ボーイズパートに別れて掛け合いのように合唱をしたりして楽しかったです。
こういう掛け合いが出来るのってHOOBASTANKならではですね。
年代、性別とわずに幅広い層にファンのいるHOOBASTANKだからこそ成り立つ掛け合いだな~って思います。
だってEDGUYとかだったらガールズパートはなかなか場内が盛り上がるまで声がでないですもんね。
ボーイズパートは大いに盛り上がるんでしょうけども(笑)
いつものライヴとは違うこういった盛り上がりもテンションが上がります。

新譜からは是非ともやって頂きたかったALL ABOUT YOUが聴けたし、溜めてジャンプ、溜めてジャンプなノリが最高のOUT OF CONTROLもやってくれたし大満足でした!
終わりにコソっとまたすぐ来るよ~な事を言ってましたが、年内3回来日実現するんですかね?
とりあえずサマソニは決定ですね。
盛り上がるんだろうな~!

にしても、本当にHOOBASTANKのライヴは心が温かくなります。
なんて気持ちの温かい良い人たちなんだろう。
ジェントルな雰囲気がダグとゲイリーって似てる気がする。
二人の言う「ありがとう」はとても感情がこもって感じられて、心にじわん!と入ってきて、寒さも吹っ飛ばしてくれます!
年内に・・・もう一度見れたら良いな~~。

久し振りにブログをまとめて更新しました。
今年に入ってから全然弄ってなかったらでっかい広告が表示されててビックリですね。
素材サイトのほうもいい加減更新しないとおなじく広告入ってるしTopの写真は秋のまんまですよ(汗)
ほぼネット落ち状態だったのでリハビリを兼ねての更新です。
もすこし余裕が出来たらリアルタイムな季節の写真をUPしたいし、別でやってる文章も書いていきたいと思っています。
まあ、思っているのと実際に行動に移すのとは別問題でなかなか気持ちと願望がフィットしないんですけどね・・・orz
それ以前にちゃんと書けるのかが大問題。
とにかくなにかしら動きたいとは思ってます。
春だしね~。
まずその前に明日はHoobastankですよ!!
いっぱいエネルギーを貰ってきます

dragonforce.jpg

DragonForceのライヴに行ってきました!
もう、思わぬサプライズにドキドキです!!
ライヴ終わりから顔がにやけっぱなしで止まらない。

今回DragonForceは初ライヴで自分なりにこんなかな~とかイメージしていたのですが、思いっきり予想外れでした。
とびきりイカした感じで予想が外れてた!
もっと重厚感のあるパフォーマンスを展開するのかと思いきや、あんなにハッチャケていたとは!
音的にはシンフォニックだったりテク炸裂で重厚なんだけど、メンバーそれぞれの動きは重厚なんてものじゃなくとっても軽快!
特にキーボードの動きの軽やかさったら衝撃でした(笑)
あんなに動き走り回るキーボードって初めて見た!
メンバーみんなアスリートですよ、アスリート!!
過分にお笑い芸人要素のあるね。
ホワイト○マン、フォーリン○ですか?!って動きはするし、ボーカルの歌に合わせてステージに散らばったメンバー+袖にいるクルーがパントマイム的動きをしてるし、もうどこ見てたらいいのか、忙しくってしょうがなかった。

音だけでも充分すぎるくらいに圧倒されるパワーがあって、一気にフルボルテージに持ってかれたのに、このバンドはオールフロントですか?!なメンバー各々のパフォーマンスに打ちのめされました。
みんなすっごく楽しそうだったし、あんなにバタバタ動いているのに息がピッタリで圧巻です!
ホントに凄い! 素晴らしいです!!

そして、ドキドキだったのが、友人と通路側のバーに引っ付いて見ていたのですが、その前方でライターの人か、それともメンバーの彼女かな?可愛い女の人がずっと写真を撮っていて、不意に彼女の近くの扉が開いてZPが入ってきたではないですか?!!
カメラに向かってドアップで写真撮ったりしてたんですが、その後クルリと向きを変えて後ろまで来てくれたんですよ~~~!!!
思わず手を出したら、パシーン!!とタッチしてくれました!!
まさに目のまん前に立ってるよ!!なZPに頭真っ白になりました(嬉!!)

終わって外に出てみたら極寒な冷気に強風でしたが、気持ちはとってもホカホカでした!
次回来日が待ち遠しいです!!

Edguyのライヴに行ってきました!
今年初のライヴは3月と遅めでかなり待ち遠しかったのですが、待った甲斐がありました!
いや~~、やっぱりサメットさんは良いですね。
しかもクアトロという小さなスペースで見れたのが良かった!
ボーカリスト云々というより、パフォーマーとしてサメットさんは素晴らしい。
エンターテイナーですね。
Superheroes、Lavatory Love Machineでは思い切りオーディエンスを煽って大合唱で盛り上がり、King Of Foolsでビシッと締めてくれました。
楽しすぎる!!

リズムは身体に響く音が気持ちいいし、決めどころでガッツリと決めてくれるのでずっと叫んでたら疲れました(笑)
リズム隊って要ですね。
ジャーマンなカテゴリにおいては特に。
イントロからカッコ良いから、テンションは常に上がりっぱなし!

オープニングアクトが付いていたから時間がどうしても短めになってしまうのが残念でしたが、トビアスさんプランでは新譜出してまた来日してくれるようなので、楽しみに待っています。
もし寄り道するならAvantasiaにして下さい(笑)

1月1日、2日、3日と新春天空狂言に行ってきました。
今年はきっちりとお正月休みがあったので、三日とも行けました。
旧年から日付が変わった頃に初詣にいき、そのまま朝を迎えて、少し眠って天空狂言に行くってのがすっかりと恒例になったここ数年。
基本的に睡眠不足で新春狂言に行くので、途中で舟をこぐ事もしばしばです(笑)
今年は特に初めて2階自由席に行ったのですが、その快適さにびっくりしました。
座布団があってゆったりと壁にもたれて鑑賞できる。
ちょっと寒ければコートを足に掛けて丸くなる事も出来るし、あまりの快適さに睡魔の誘いが凄まじかった!
心地の良い謡に知らぬ間に目蓋を閉じつつ、どっと起こる笑いに意識を覚醒されつつお正月気分を満喫しました。
三番三で千之丞さんの烏帽子が金地になってて、その事について語る童司さんが面白かったです。
そして、千作さんの福の神は新年に相応しく福福しかったです。

1月1日 13時~
■三番三 ■樋の酒 ■石神
    
    17時~
■室町歌謡組曲 ■木六駄 ■梟

1月2日
■牛馬 ■千鳥 ■悪太郎

1月3日
■豆腐小僧 ■横座 ■福の神

extreme.08.12.08.jpg

extreme.08.12.08.2.jpg
 

12月8日に大阪厚生年金会館で行われたEXTREMEのライヴに行ってきました!
あちこちのブログで沢山の方が書かれてますが、もう最高!!この一言につきます。
素晴らしく楽しいライヴは今年もいろいろとありましたが、今回のEXTREMEのライヴは心底から感動しました。
本当に凄かった。 超人パフォーマンスバンドですね!
いつも以上に上手く言葉が出てきません。
ただ、感動をありがとう!! それが一番の感想です。

ゲイリー、ヌーノのパフォーマンスは言わずもがな、ずっと現役でやってきているだけあって、圧巻ものでございましたが、音楽活動から遠ざかり牧場主をやっていたらしいパットのパフォーマンスは、そうとは思えない全く違和感のない、そしてバンドとしてのブレのない、想像以上のものでした。
前回来日時も最高だ!と感じていたのですが、やはりフロント3人にオリジナルが揃うとバンドとしてのクオリティがグンと上がる気がします。
それも、ケヴィンっていうフロントをしっかりと支えるドラマーがいるからこそですが。
某雑誌で読んだ前回のライヴは乗り気じゃなかったっていうヌーノの本音に、かなりガックリときたりしてたのですが、今回のライヴを見てなんか解った気がしないでもない。
バンドの雰囲気が本当に良かったし、ヌーノの機嫌も良かったようだし、選曲も抜群だったし、本当に素晴らしかったですから!
ただ、どうしようもなく音が悪かったってのがちょっと残念だったけども。
いきなりベース音だけが大きくなった時はちとビビリました。

冒頭から3曲目まではカメラで撮ってOKって事だったので、携帯で撮りまくりましたが、ムーヴィは音がガビガビでした。
それも一つの思い出として残せて、嬉しいプレゼントをありがとう!なのです。
ヌーノに呼ばれてステージに上がってお酒渡した人は一生忘れられない思い出になっただろうな。 
そういった感じのお遊びもいろいろあって、それもこれもが楽しかった。
パットとヌーノの邪魔の仕合も可愛かったし。
それにしても、ゲイリーの声量とヌーノの超絶テクは桁違いにすんごいですね。
年季が入ってますますパワフル!
ライヴが終わった後明るくなったステージで、頭に両手を当てながら感慨深げに会場の観客を見渡すゲイリーの姿がとても印象的でした。
本当に素晴らしい感動をありがとう! EXTREME!!

kouyou6.l.jpg

nekko.l.jpg

blue.tree.l.jpg
 

先月に行った京都で撮った写真を使って素材を作りました。
下鴨神社はそうでもなかったけれど、銀閣寺はずらずらずらーーーーっと人が並んで歩いていたので、あまり立ち止まって悠長に写真を撮る余裕もなく、撮った写真を確かめる余裕もなく、ただシャッターを切っていただけだったのですが、さすがは歴史のある場所だけあって、どこでシャッターを切っても絵になる雰囲気で自分的に気に入りの写真が撮れました。
ただ弄っていたらかなり画質が荒くなってしまって・・・・・・な感じでございます。
けど、樹の根っこは偶然赤い葉っぱが良い位置に落ちていて特にお気に入り。
自然に感謝ですね!

the_datsuns.jpg the_academy_is.jpg


ようやっとCDが届きました!
やっとまともにTHE DATSUNSが聴ける!
キャリアを積んではきているものの、相変わらずの荒削り感のある音がカッコ良い!!
THE HIVESと一緒で声にも音にもかなりの個性があるので、苦手な人は本当に苦手なんだろうなと思うんですが、一度ハマると抜け出せない、本当に独特の音をしております。
荒く聞こえるんだけど、テクニックはちゃんとしてるし、メロディも意外とキャッチーなものも多かったりね。 Human Error、Your  Bones、Cruel Cruel Fate、Highschool Hoodlums辺りが特に好き!

ブッチの新作はブッチ節炸裂で良質は良質なんだろうけれど、なんかもひとつ物足りない気がする。
前作よりはロックよりになってるけど、M3からするとやっぱり違うもんな~。
こうなんていうか、繰り返し繰り返し聴きたくなるクセになる感がない?
聴き込んでいけば変わってくるかもしれないけど。
そして、ブッチのアルバムはシークレットまでの曲間が長すぎる。
i-podで聴いてると、間違ってスイッチをオフしたかと思うくらいに長い。
良い曲なのに、ついつい待ってられなくて次の曲に飛ばしてしまいます(苦笑)
ダットサンズにしろブッチにしろライヴがすっごくエネルギッシュで熱く楽しいので、また来日して頂きたいです!

THE ACADEMY IS...は聴いていてとても爽やかな気分になります。
気分がローに入りそうな時に聴くと良いかもしんない。 
音がキラキラ、キュンキュンしてます!
昔はこの手の音はあまり興味がなかったのですが、今はすっごくハマります。
Crowded Roomのオープニングは遊び心があって大好きです!
サビ後半が凄くTHE ALL AMERICAN REJECTSに似ている気も致しますが・・。
今の朝の目覚ましはAbout A Girlで爽やか~~(笑)

tadasinomori.jpg
糺の森入り口

sazareisi.jpg
さざれ石

mitaraisya.jpg
みたらし社(みたらし池/みたらし団子の由来)

yasiro.jpg
三井社(玉依日売命、賀茂建角命、伊賀古夜日売命)

kanzakura.jpg
寒桜

下鴨神社を散策しました。
そんなに人混みもなく、七五三でお洒落に着物を着たチビッコたちがいたり、ちょうど結婚式を挙げていたりで、なかなかに楽しかったです。
花嫁さんがすごーーく綺麗でした。 純白につつまれて、秋晴れの日の光にそれがまた映えて、本当に特別な日なのだなと、そう思える場面でした。

緑が多いためか、はたまた神社の境内だからなのか、とても空気が澄んでいて気分が落ち着き心地良かったです。
みたらし団子の由来のみたらし池をぐるりと回り、そして食欲の赴くままに「加茂みたらし茶屋」へ行きました。
あいにく店内はいっぱいであつあつのみたらし団子は食べれませんでしたが、持ち帰りでレンジでチンしても充分に美味しかった!
団子にへんな甘さがないのが一番! 素朴な甘さが美味しいのです!
そして、その後かやくご飯と茶碗蒸しを昼食に頂き、銀閣寺に移動です。

■みたらし池
夏の土用になるとみたらし川の清水に足をひたし、無病息災を祈るそうです。
池から湧く水あわを形どったのが「みたらし団子」だそうで、「加茂みたらし茶屋」のみたらし団子は人の形を現している為にひと串に5個お団子があり、頭を表す一つ目は他の四つと離して差し、下の四つは四肢を表しているそうです。

■さざれ石
「君が代」に出てくる「さざれ石」
「さざれ石」とは小さな石という意味で、火山の噴火により石灰岩が分離集積して凝固した岩石で、長野県の天然記念物になっているそうです。
「さざれ石」は年とともに成長し、岩になると信じられている神霊の宿る石。
下鴨神社には石にまつわる神秘的な伝承がいろいろとあるようです。

以上、境内の案内より抜粋。
カレンダー
09 2016/10 11
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード
Copyright © のんびり。 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]